《新しい塾》

新たに塾を開くと、通常、数百万円~1千数百万円かかります。きわめて当然のことですが、数年間かけてこの金額を回収しなければなりません。

また、個人経営の場合は、金融機関などから借金をして、開業することも多く、その場合、本来必要な費用に加えて、返済額を上乗せしなければなりません。

さらに、開業して1~2年は生徒数が少ないことも多く、そのため、一人当たりの支払額を大きくしなければ経営がなりたちません。

加えて、フランチャイズなどでは、教育の素人が塾を開くこともあり、この場合、本部の「売上促進策(いかに売り上げを多くするか)」を何の疑問も持たずに、そのまま実行する経営者も多いようです。