詳細はこちらをクリック

リアライズの夏期講習2021

生徒ひとりひとりのニーズに寄り添った柔軟な対応が可能です

個別指導&映像授業を組み合わせた個人塾ハイブリッド指導学習塾リアライズ」だからできるこそ対策があります。

☑志望校や目標から逆算したあらゆる柔軟な対応が可能

☑入試内容・時期の変更に合わせた通塾スケジュール変更

☑休校・分散登校・学校の授業実施期間延長などに合わせた通塾スケジュールの設定

☑得意科目・不得意科目毎の適切な時間配分、志望校過去問への徹底対策・弱点補強

 

講習期間(受験生) :7月21日(水)~ 8月24日(火)

講習費:個別指導はこちら

講習費:映像授業はこちら

リアライズの夏期講習について詳しく知りたい方はこちら:WEBパンフレット

 

売上最優先塾の高額な夏期講習に注意!

他塾で高額の講習費を請求された方、講習費用に疑問を感じた方、是非一度リアライズにご相談下さい。

 

ハイブリッド指導学習塾リアライズ
江戸川区船堀2-12-16
TEL : 03-5605-8425

定期テスト直前のリアライズ

恒例の定期テスト前の教室開放を実施。

6月12日(土)、13日(日)は朝10時~夜8時まで開室。
試験前の中学生と、高校3年生たちが朝から塾で自習に励んでいました。

3/1 リニューアルOPEN!

3月1日より自習専用の教室を完備した新教室に移転します。

⇩移転先はこちら⇩

 

⇩外観です⇩

 

広々とした自習専用スペースをとることで、周囲の音などを気にせず、勉強に集中することが可能です!

 

⇩新教室間取り図⇩

新しくなったリアライズの充実した学習環境で、一緒に成績アップを目指しましょう!

読解力の不足は頭脳の生活習慣病(1)

ここ4~5年、入試前や定期テストの前に教科書を使って授業を行おうとすると、文中に明らかに答えがあるにも関わらず、全く違うことを答えてくる生徒がいる。昨年度(2017年)の「国立 情報学研究所」の調査によると社会科の教科書の文章で異なる内容の文章を「同じ」と答えた生徒が42%いたという。

「国語力」が不足しているという言い方をよく耳にするが、そこで言う「国語力」とは、国語のテストの得点で判断されていることが多い。本来の国語力とは、「文章の内容を正確に読み取ること」「正確に伝わる文章を書くこと」であるのだが、自分がそれができているのかすら把握していない生徒も多い。

文章の内容を正確に読み取るために必要な要素としては、

1.主語・述語・修飾などを正確に把握する力

2.読むスピード

3.語彙力

の3つが主なものであるが、このうち「2.読むスピード」「3.語彙力」は塾や学校で授業を受けているだけで身に付くものではなく、ある程度の長期間(少なくとも1~2年)様々な活字に触れることでしか、身に付けることはできない。活字離れが言われて久しいが、活字に触れる機会を持たなければ読解力がつかないことは、当然と言えば当然すぎる結果である。

「生活習慣病」が、長期間にわたる運動不足やカロリーオーバーによって引き起こされ、長期間にわたる適度の運動とカロリーコントロールでしか根本的に改善しないのと同じで、「読解力の不足」は長期間にわたり活字に触れないことで引き起こされ、長期間にわたり活字に触れることでしか改善する方法はない。

この状況を打開すべく、リアライズでは読解力が不足している小中学生を対象に「読解力養成講座」を受けさせている。最初は活字に触れたことが殆どない生徒が、今では「新聞を読むことを楽しみにしている」状態になっている。効果が現れるまでに、早くても半年、平均的には1~2年かかるとは思うが、身に付いた読解力は、今後の学習を進めるうえでの「最高の財産」になるであろう。

 

 

今の子たちを見て感じることは「読解力」「忍耐力」「思考力」などの長い時間をかけることでしか身に付かないことが、その時間をかけていないがゆえに身に付いていない子があまりに多いということである。これらは、なるべく「面倒なこと(具体的に言うと『勉強』)」をしないで済ませたい子どもたちの要望に応じることで生徒を集めようとする塾業界の責任が大きい。

 

読解力の不足は頭脳の生活習慣病(2)へ

読解力の不足は頭脳の生活習慣病(2)

授業を行っていると明らかに読解力・語彙力・読むスピードが不足しているにも関わらず、本人がそれを把握していないことが多いことに驚かされる。ましてや、保護者の方がそれを把握していないことは更に多く、うすうす気がついてはいても、具体的に対策を取っていることは、ほぼ皆無である。

理由はいろいろ考えられるが、「そもそも学校の教科書以外に長文に触れる機会が少ないこと」「ラインなどの仲間うちでのやりとりが多いこと」「ななめ読み・飛ばし読み・勘を使いまくることで、本人は読めているつもりになっており、時間が足らなくなることもないこと」などが挙げられよう。

生活習慣病も放っておけば生命に関わるレベルであっても自覚症状がないことも多く、定期健診や人間ドッグなどで初めて表面化することも多い。読解力の不足もこれと同じで、「精読をしているか」「内容は読み取れているか」「ななめ読み・飛ばし読みをしなくても時間は足りているか」などを確かめなければ表面化することは殆どない。

生活習慣病の患者やその予備軍に「毎日適度な運動をしましょう」「食事に気を付けましょう」などと忠告しても実行しない(できない)人も多いのと同じように、生徒たちに対する「本を読みましょう」「新聞を読みましょう」という呼びかけは20年以上行われ続けているが、一部の例外を除くと、それが長期間にわたって実行されたという話は聞いたことがない。当リアライズのように、生徒たちが恒常的に「新聞」「書物」に触れる機会を設けている塾は珍しいのだろうか?

 

 

最新のお知らせ

定期テスト直前のリアライズ

恒例の定期テスト前の教室開放を実施。

6月12日(土)、13日(日)は朝10時~夜8時まで開室。
試験前の中学生と、高校3年生たちが朝から塾で自習に励んでいました。

感染症対策について

緊急事態宣言発令時の対応について


受験直前にまたコロナが流行り始め「塾が休みになったらどうしよう」といった心配もあるとは思いますが、ご安心ください。

4月~5月の緊急事態宣言発令時同様、リアライズは万全の対策を行った上で開室、授業を実施致しております。

(もちろん、出席するかどうかはご家庭の判断で決めて頂くことが可能です)

 

緊急事態宣言下での通塾ベストアンサー

・休校・分散登校等に合わせた柔軟な通塾スケジュール

・入試内容・時期の変更に合わせた通塾スケジュール

・得意科目・不得意科目ごとの適切な時間配分

・志望校過去問への徹底対策・弱点補強

・家庭学習内容の指示・確認

リアライズでは感染症対策として、現在、以下のようにして授業を行っております。

☑ 同一時間帯に行う授業を減らし、教室内の生徒数が10名以下に(11名以上になる場合は第二教室を使用)

☑ 講師・生徒ともに来室時に手洗い+アルコール消毒、在室中は必ずマスクを着用

☑ わずかでも発熱・咳・倦怠感などがある場合は講師・生徒ともに入室禁止

☑ 生徒と講師の間の距離を1m以上あける

☑ 速読・速読英語は自宅にて受講可能

 

PAGE TOP
MENU