リアライズでは「ハイブリッド指導」という指導方法を取り入れております。
ハイブリッドとは、「複合型」を意味する言葉ですが、
文字通り、当塾では個別指導、集団(グループ)指導、映像授業など
様々な「個々にあった学習スタイル」を適用することで、学習効果をアップさせる指導形態です。

学習形態と費用と効果

民間学習機関による指導携帯は

①個別指導
②グループ指導
③プリント学習
④通信教育

の4つに大別されます。

それぞれの費用と学習効果の関係は、以下のようになります。

ただし、以下のような場合は学習効果は限りなくゼロになります。

通信教育
・提出しない
・ほとんど白紙で提出

グループ指導
・授業を聞かない(ただ座っているだけ)
・説明している内容がほとんど理解できていない
・友達と話ばかりしている

一般に、学習にかかる費用と学習効果は比例します。
しかし、通信教育やプリント学習、グループ授業など比較的安価の指導形態は
個々の性格やおかれている環境などにより、合う合わない・伸びる伸びないが生じます。

そこで、「元コンサルタント」「船堀での塾経験14年」の塾長は考えました。
生徒一人一人の「現在の学力」「性格」「スケジュール」「予算」に応じて、それぞれ組み合わせればいいのでは?

これこそが、ハイブリッド指導なのです。
そして、他塾(主にチェーン展開)には真似の出来ない
職人技の指導法を確立し、最高の費用対効果を実現しました!