よくこういう質問を受けます。

確かに、数式や公式など、多くの人は直接は将来に関係ない「かも」しれません。

(もちろん、必要になることもあるからこそ教えているという面もあります)

 

が、算数・数学には単に計算するということに加え、もう1つ重要な役割があります。

「論理的に考える思考力」です。

 

往年の名作「男はつらいよ」で寅さんがこんなセリフを言ってます。

ご紹介までに

 

満男 「伯父さん、質問してもいいか?」

寅 「あまり難しいことは聞くなよ。」

満男 「大学へ行くのは何のためかな。」

寅 「決まっているでしょう。これは勉強するためです。」

満男 「じゃ、何のために勉強すんのかな。」

寅 「つまり、あれだよ。ほら、人間長い間生きてりゃいろんなことにぶつかるだろう、なあ?

そんな時に俺みたいに勉強してない奴は、振ったさいころの出た目で決めるとか、

その時の気分で決めるしかしょうがない。

ところが勉強した奴は、自分の頭できちんと筋道をたてて、

こういく時はどうしたらいいかなと考えることができるんだ。

だから、みんな大学へ行くんじゃねえか。だろ?」