受験生(中学、高校、大学受験生)は夏以降、模試で現在の実力を試す時期に入っています。

積極的に模試を受けることはもちろん大切なのですが、模試の受け方、そして模試を受けた後について「当たり前のこと」を改めて確認していきましょう。

 

①何のために模試を受けるのか?

当たり前のことですが模試を受ける目的の1つは、現時点での理解度などの学力確認、或いはライバルとなる他の受験生と比較…つまりデータを取ることです。

よくわかっていない選択問題に根拠もなく「勘」で答えて正解しても何の意味もありません。

(もちろん入試本番ではど~~~してもわからない問題はとりあえず適当に書いてみることも大切です…そうならないように勉強して欲しいですが(^^;))

 

②模試の解き直し

模試が終わったらすぐに解き直しを開始しましょう。理想は模試を受け終わった直後です。

家に帰るとゆっくりしてしまうという人は、家に帰らずにスタバやマックにでもこもって解き直し開始です。家が船堀駅から近い人はリアライズに来るのも一つの手ですよ!

この時に大切なのは、解答・解説を読み始める前に「時間無制限一本勝負」で模試にもう一度取り組むことです。

自分が解けなかった理由が「時間が足りなかったから」なのか、そもそも「理解していないから」或いは「知識が足りていないから」なのかでは全く取るべき対応が違います。

時間さえあれば解けるのであればあまり心配は要りません。そのまま演習を続け、解答速度を上げていけば良いだけです。

 

③弱点の特定→解決

逆に、時間がいくらあっても解決できない問題はあなたの弱点というべき単元だということです。

これから参考書や問題集、塾の授業で作ったノートを確認し直し、全力でその単元の復習に取り組む必要があります。

模試で解けなかった問題はあなたにとって宝の山のようなもの。しっかりと解き直し、「自分のもの」にして下さい。

 

④成績表が返ってきたら…

模試の結果に一喜一憂している暇はありません。当時間違えた問題の記憶もそろそろ薄れている頃でしょう。

成績表を確認し、改めて模試で間違えた問題を解き直しましょう。今度こそ何も見ないで解けるか確認して下さい。

 

⑤自力で解けない問題があったら…

そんな問題はしっかりリアライズで質問しましょう。

またリアライズでは体験授業も実施しています。体験授業で模試の解説を受け、リアライズへの入塾を決めた生徒は数多くいます。合格するためのメソッドを知りたい塾外生は、是非お問い合わせ下さい。

ハイブリッド指導学習塾リアライズ
江戸川区船堀2-23-10 船堀中央ビル2F
TEL : 03-5605-8425