高校受験の際に船堀駅前のこの塾に数ヶ月通わせてもらい、たった数ヶ月でしたが、勉強以外にもたくさんのことを学ばせていただきました。

学校での成績は中の上という感じで、部活が忙しかったこともあり、勉強は定期テスト前だけという感じでした。塾には行かず通信教材をやっていましたが、定期的に机に向かう習慣がなかったためほとんど手をつけずに山積み状態でした。

中三になり、志望校を船堀から自転車で通える小松川高校に決めました。進学校を目指すか、工業高校に入りなさいと親から強く言われていたことや、成績も特に悪くなかったため、少し背伸びした志望校を選択しました。

独学での合格は難しいだろうと思い、夏休み前ごろに新しくできた家の近くのI塾に通い始めました(2年後には、無くなっていました…)。当時は、塾の善し悪しなどまったくわからなかったので、通いやすさと周りの友達が行っているという理由でI塾に決めました。

I塾の授業は楽しかったですが、ただテキストを消化しているだけという感じでした。塾の授業中、私語やたち歩きは日常茶飯事で、講師もほぼ全員大学生のようでした。夏休みが終わり、模試を受けると、塾に行ったにもかかわらず成績が落ちてしまいました。I塾に相談したところ、志望校を下げなさいとアドバイスされ、いざこざの後、塾を変えることにしました。大学生になった今考えると、あのアドバイスはI塾が塾の進学実績を上げるための大人の事情だったのだろうと思います。

家からは少し離れていましたが、母が知人から評判を聞いて船堀駅前のリアライズに相談しに行き、入会することになりました。入会して塾の授業を受けてみるとI塾とはあまりに違っていました。最初のころは、塾長のストレートな言い方や、授業中が静かなことに驚きました。しかし、塾長の話を聞いて、この塾が正解だとわかりました。塾長のアドバイスは、合格できるように勉強するということと、勉強しないで成績を上げることは不可能だということでした。今考えるとものすごく当たり前のことですが、ほとんどの中学生は実践できていないことだと思います。

リアライズの授業を受けて、いままで本当の意味での勉強をしたことがなかったことを実感しました。穴埋めや選択肢でなんとなく解けてるつもりになっていたり、細かいミスをそのままにしてしまったりする勉強では必ず本番でボロがでます。
リアライズが他の塾の勉強と最も異なる点は、リアライズで勉強すると自分の力で解く力がつくことです。わからない問題に当たったとき、それまでの勉強法では、ただ空欄のまま先生に提出して、答えの本をまる写しして終わりでした。しかし、リアライズの場合は、宿題の時点で自分でできるところまで解く方法を教えてくれるので、わからない問題も空欄ではなく、「この公式を使うはずだ」や「ここの計算がスッキリしない」「ここは、自分で調べよう」といったことを自分で考えるので、一つの問題と正面から向き合え、定着も良いです。塾の授業では、自分の考えた解き方とどう違うのかを丁寧に教えてくれて、個別だからこそできることだと思います。特に英語は、中1から英語専門塾に通って学校のテストは80点~90点くらい取れており、中3の春には英検3級にも合格していたので、自分では得意なつもりでしたが、模試や都立高校の過去問では、70点いくかいかないかという状況でした。リアライズで英語を教わり、初めて知ることも多く、入試直前には、都立の過去問が、90点以上は取れるようになりました。高校に入ってからも、その時に教わったことがとても役に立ち、英語は得意教科のまま、大学受験を迎えることができました。

塾長は、受験の悩みだけでなく、塾をやめたあとでも進路や人生相談にも乗ってくれます。しゃべりはストレートですがものすごく的確です。塾には、いろいろな本が数百冊もあり、すべてが塾長の持ち物だそうです。
中学生時代は恐ろしかったですが、今思うと、昔の寺子屋みたいに必死になって勉強した経験は貴重だったと思います。

最後に、塾で迷っている方はぜひ一度リアライズを訪ねることをおすすめします。塾に入るかどうかにかかわらず、不安や疑問、塾に関する質問をぶつけてみてください。歯に衣着せぬ答えを返してもらえます。僕のように、最初の塾選びで失敗しないようにして下さい。