2019年度まで 知識量を競う一発勝負型試験
2020年度~ 「思考力」「判断力」「表現力」を測る試験に移行!
●答えが1つに決まらない問いに対し、最適(最善)な解答を導く
●答えるに至る過程も必要
●正確な知識が必要

チェック1:お子さんに読解力はありますか?

Q:以下の①②の文章の意味が同じか異なるかを答えなさい
①「幕府は1639年ポルトガル人を追放し、大名には沿岸の警備を命令」
②「1639年、ポルトガル人は追放され、幕府は大名から沿岸の警備を命じられた」

正解は「異なる」だが・・・中学生の42%、高校生の27%が「同じ」と解答!

【つまり】
教科書、新聞レベルの文章をきちんと理解できない中高生が増えています!

 

チェック2:思考力がある・ないってどうやって判断できるの?

作文をさせてみてください

●言葉を正しく用いて文章が組み立てられているか
●説得力はあるか
●表現力はどうか
●ユーモアがあるか?
●論理的思考力に基づいているか
●語彙は豊かか?

【つまり】
作文⇒国語力だけではなく、2020年以降の大学入試制度に対応できる力があるかないかがわかってしまうのです!

 

作文に限らず。「読解力・思考力」がなければ、参考書や教科書を使っての自力学習もできません。

ではどうやったら身につくのか?

に答えはあります!

「集団授業」×「個別指導」×「映像授業」を組み合わせる
ハイブリッド指導により、
低価格で効果的な学習を実現しています。