国語

3-1.【英語】
辞書を引かない子供たち②

辞書を引かない子供たち① 正しい学習の取り組み方としては、まず未知の言葉に出合ったらその言葉を「推測する」、そしてその次に当然「辞書を引く」のである。 また、この辞書を引いていないケースには別のパターンも存在しており、そ […]

続きを読む
3-1.【英語】
辞書を引かない子供たち①

英単語の意味を覚えてはいるけれど、それがどういう意味なのか分からない、と言った事例をよく見かける。 つい最近あった例を挙げると、「rhetoric」という単語に対して「修辞法」という訳語を答えることは出来る。 しかし、「 […]

続きを読む
2-2. 副塾長日記
「考えて書きなさい」は「自分の考え」を書くのではない

評論文、小説共に記述問題になると好き勝手に書いてしまうという生徒もいます。 その理由のひとつが出題のされ方です。 中学受験でよく書かれている問題文に「考えて書きなさい」というものがあります。 これは一見すると「自分の考え […]

続きを読む
3-3.【国語】
選択問題への取り組み方 ~消去法で消えるのは君の未来かもしれない~②

前回のあらすじ…消去法はやめよう! じゃあどう解けば良いのかと言うと、もちろん選択問題でも記述問題だと思って解くこと。 つまり、「選択肢を見る前に」「本文中から解答の根拠になる部分を見つけ出し」「自分なりの答えを作り(た […]

続きを読む
3-3.【国語】
選択問題への取り組み方 ~消去法で消えるのは君の未来かもしれない~①

国語(や英語の長文読解も)の選択問題を解答する際、選択肢を見てから考えてはいないだろうか。 また選択肢を決めきれなかった際に、どれを選ぶかを「選択肢同士を見比べる」ことで決めていないだろうか。 こうした方法は、完全に誤っ […]

続きを読む